病原体

コンジローマは尖圭コンジローマとも呼ばれており、20代から30代が最も感染する人が多いです。女性は20代で感染することが多いのですが、男性は年齢に関係なくどの年代でも平均的に感染している人がいます。総数から見ると、女性よりも男性の方が発症率が高いです。

コンジローマの原因はヒトパピローマウイルスです。ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんで有名になりましたが、実際のところ、このウイルスの種類は現在のところ150種類を超えており、ハイリスク型とローリスク型に分類されています。子宮頸がんの場合は、ヒトパピローマウイルスの16型と18型でありハイリスク型、尖圭コンジローマは6型と11型のローリスク型です。

ヒトパピローマウイルスに感染してしまうのは、通常の性行為の他にアナルセックスやスキンシップといったものであり、まれに分娩時に妊婦から新生児に感染をしてしまうことがあります。ですが、大多数は性行為であり、ウイルスにふれることによって簡単に感染してしまいます。もともとコンジローマの症状があるにもかかわらず性行為を行うと傷からウイルスが侵入し、3週間から8か月ほどの潜伏期間を経て発症します。ヒトパピローマウイルスは、大変潜伏期間に差があり、長ければ5年を超えるのでいつ感染をしたのかがわかりにくいです。パートナーが感染をしていれば、自分も感染している可能性があり、たとえ自覚症状がなくても検査と治療を行わなくてはなりません。

コンジローマは良性であるので、正しい治療法によって根治することができます。ですが、3か月以内に4分の1程度の人が再発をしており、場合によっては治療が長期にわたることもあります。コンジローマはイボができるので、薬物療法であるイミキモド5%クリームを使用するほかレーザー治療を行うこともあり、様々な治療法を取り入れることが多いです。ですがコンジローマの場合、見えない部分に感染していることがあるので、しっかりと治すには時間がかかります。

コンジローマの場合、イボの数や大きさによって治療法が変わってきます。治療として使われるクリームは治療後に跡が残ることは少ないため患部をきれいに保つことができます。オススメなのはイミキアドクリームと呼ばれる薬で、ジェネリック医薬品なので安価で手に入れることができます。イミキアドクリームを通販して手軽にコンジローマを治療しましょう。なお、原因は性行為ですが、性器周辺にいることもあり、コンドームを使用したとしても完全に予防することは難しいです。ですが、感染してしまうリスクは減らすことができるので、きちんと避妊具を付けるようにします。

記事一覧
ニューキノロン系の抗菌薬のレボクインは様々な性病に効果があります 2020年05月12日

レボクインはニューキノロン系であるクラビットのジェネリック医薬品です。主成分はレボフロキサシンであり、クラミジア感染症に特に効果を示しますが、40種類以上の細菌...

トリコモナスは治療が不完全な場合には再発する可能性が高い性感染症です 2020年04月14日

数多くある性感染症の中でもトリコモナスの場合、ピンポン感染を引き起こしやすい感染症です。ピンポン感染は、ピンポンのように交互に症状が現れることであり、男性側の自...

トリコモナスの感染は性行為以外にもオーラルセックスやアナルセックスもあります 2020年04月10日

トリコモナスはトリコモナス原虫が原因となっている性感染症であり、比較的感染する人が多いです。トリコモナス膣炎とも言われ、女性だけでなく男性にも症状が出ますが、自...

インターフェロンなど性病の治療薬には様々な種類が提供されています 2020年04月08日

性病には数多くの種類があり、梅毒や淋病、性器クラミジアや性器ヘルペス、コンジローマや性器カンジダ症、B型肝炎、C型肝炎、後天性免疫不全症候群などがあります。どの...

亀頭周辺にイボができるのがコンジローマの症状ですから対処を考えましょう! 2020年04月06日

コンジローマはヒトパピローマウイルスによって感染する、性感染症です。主な原因は性行為であり、症状には、感染した性器に1mmから3mm程度の小さなイボができます。...