• ホーム
  • トリコモナスの感染は性行為以外にもオーラルセックスやアナルセックスもあります

トリコモナスの感染は性行為以外にもオーラルセックスやアナルセックスもあります

悩んでいる男性

トリコモナスはトリコモナス原虫が原因となっている性感染症であり、比較的感染する人が多いです。トリコモナス膣炎とも言われ、女性だけでなく男性にも症状が出ますが、自覚症状はあまりでないのでいつ感染したのかを把握することが難しいです。感染して症状が出る場所は膣だけでなく、まれに前立腺や子宮頸部、尿路といった部分にも侵入してしまいます。年齢にも幅があり、若い人から中高年まで誰でも発症する可能性のある病気です。トリコモナスの場合、原虫自体を駆除しないと自然治癒することはできません。

トリコモナス原虫は目に見えないほど大変小さく、尿道や膣に感染してしまい炎症が生じます。女性ではおりものの異常が大変多く、泡状のものが出る、量が増える、異臭がするといったことが起こりやすいです。おりものに特徴がり、膿が混ざるので、白色や黄緑色になります。さらに膣に痛みやかゆみを感じることもあり、膣内が熱く感じることも多いです。男性では尿道から膿が出る、排尿する際に痛みが生じることがありますが、女性の方が症状が重いことがあり、卵管まで進んでしまうと不妊症や流産の原因となってしまいます。

トリコモナスに感染してしまうのは、性交が原因です。自覚症状がなく、しかも潜伏期間に性行為を行った場合にもパートナーに伝染をさせてしまうので、どんどん拡大していきます。性行為の他には、タオルや下着、プールやお風呂といったところを介することがあります。これはトリコモナス原虫が乾燥には弱いですが、体の外に出たとしても水分のあるところであれば、しばらく生きていることができるからです。そのため性行為を行ったことがない女性であっても、幼児であってもかかってしまう可能性は大変高いです。さらに妊婦から新生児へとうつることもあります。この場合、胎児への影響は解明されてはいませんが、垂直的にうつることがわかっており、未熟児で生まれることが多いです。トリコモナスがきっかけとなって、膣内の環境が悪くなり、さらに他の病気にかかりやすくなるので、このようなことが起こります。

なお、トリコモナスも性感染症であるので、他の病気と同じように通常の性交の他に、オーラルセックスやアナルセックスでも感染することがありますが、比較的アナルセックスやオーラルセックスで感染するリスクは低いです。ですが全くうつらないわけではないので、不特定多数の人との性行為は避けるようにします。